茶房 中野屋の白玉クリームあんみつの写真

【再開】閉店したカフェ中野屋(町田)が和カフェとして営業再開!メニュー&アクセスも紹介 茶房 中野屋


閉店していたカフェ中野屋が和カフェ「茶房 中野屋」として営業再開!【土日も営業中】

「茶房 中野屋」2019年10月25日リニューアルオープンしたので行ってきました!

茶房 中野屋の外観の写真

芸術的な創作パフェで連日大行列を作っていた「カフェ中野屋」が、2019年1月16日に閉店しました。閉店の理由は人手不足だそうです。

そこから2ヶ月後の3月16日に「WA CAFE NAKANOYA(和カフェ中野屋)」として営業再開しましたが、半年近くでまたも休業。

この度10月25日に「茶房 中野屋」として営業を再開しました。

パフェはなし!甘味は600円から、簡単ランチに!軽食は450円から

茶房 中野屋のメニューの写真

パフェメニューは一切なし!「みつまめ」(600円)・あんみつ(650円)・クリームあんみつ(750円)など、冷たい甘味メニューが8種類。

茶房 中野屋のメニューの写真

寒い季節に恋しくなる、「白玉ぜんざい」(600円)・「きびぜんざい」(700円)など、温かい甘味メニューも揃っています。

軽食メニューもありました。お店イチオシは、「おにぎりセット(甘味付き)」(800円)。おにぎりは紀州梅・紅鮭・昆布・明太子・卵黄みそ・大葉みそ・たぬき生姜から二つ選びます。みそ汁、お新香付き。さらにわらび餅がセットになっているそう。「雑煮」(600円)も朝しっかりとお出汁をとるこだわりよう。

「おにぎりセット」のみ、15時までのランチ限定メニューです。その他のメニューは18時までいつでもいただけるそうですよ。

茶房 中野屋のドリンクメニューの写真

ドリンクメニューはいたってシンプルなもの。甘味、軽食を注文すると+300円でドリンクセットが付けられるので、大変お得ですよ。

茶房 中野屋の店内の写真

映えを求める風潮とは真逆で、レトロな雰囲気の純喫茶でゆったりした時間を過ごすのも最近のお気に入りです。

さすが老舗和菓子屋さんの系列店!もちもち白玉が絶品

アイスが選べる「白玉クリームあんみつ」(800円)を注文

茶房 中野屋の白玉クリームあんみつの写真

アイスはバニラ、抹茶の2種類から選べます。+300円でドリンクセットを注文。ドリンクはアールグレイをオーダーしました。

茶房 中野屋の白玉クリームあんみつの写真

モッチモチの白玉は5個も入っていました。固さにバラツキがあったのですが、そこがまた手作り感が伝わり美味しかったです。老舗和菓子屋さん「中野屋」の系列店ですので、つぶあんの甘さは控えめというかとても上品な仕上がり。口の中にしつこい甘さが残ることはありません。もっと食べたくなるくらいの幸福感でした♪

ボリューム満点「磯辺」はシェアがおすすめ

茶房 中野屋の磯辺の写真

「磯辺」(450円)を注文。大きめの磯辺餅が3つと箸休めに高菜漬が付いてきました。一つひとつのお餅サイズが大きめなので、とてもボリューミー。甘味と一緒にオーダーする場合はお友達とシェアしてちょうど良いサイズ感だと思います。

【町田駅からのアクセス 】中野屋の場所は町田商店33のすぐ近く

カフェ中野屋の外観の写真

「茶房 中野屋」の場所は、「カフェ中野屋」の場所と変わりません。原町田商店街から少し離れた場所に位置しています。

レミィ町田(旧109)の裏側の道(「CoCo都可」がある通り)を直進すると右手に町田商店33が見えます。左手「セブンイレブン」の手前の道を左折すると右手に見えるのが「茶房 中野屋」です。

『マツコの知らない部屋』『嵐にしやがれ』でも紹介されました♪カフェ中野屋時代のメニューも紹介

カフェ中野屋のパフェの写真

「カフェ中野屋」と言えば、『マツコの知らない部屋』『嵐にしやがれ』でも紹介された超有名店。

カフェ中野屋のパフェの写真

一つの芸術作品であるかのような創作パフェで人気を集めていました。

カフェ中野屋のパフェの写真

この写真は、「カフェ中野屋」として営業していた時に販売されていたパフェです。

カフェ中野屋の次!「WA CAFE NAKANOYA」時代を紹介 洋風から和風パフェへシフトチェンジ

「中野屋のわらび餅と白玉団子のパフェ」(950円)もちもちなわらび餅と白玉が最高♪

カフェ中野屋の中野屋のわらび餅と白玉団子のパフェの写真

「中野屋のわらび餅と白玉団子のパフェ」(950円)。黒胡麻アイス・シナモン風味のシュトロイゼル・ムラングが入ったパフェです。もちもちで食べごたえ抜群のわらび餅と、濃厚黒胡麻アイスが絶品!

「自家製焙じ茶アイスのあんみつ風パフェ」(1,000円)大満足のボリューム

カフェ中野屋の自家製焙じ茶アイスのあんみつ風パフェの写真

「自家製焙じ茶アイスのあんみつ風パフェ」(1,000円)。抹茶蜜和え寒天・フルーツ・漉し餡クリームが入ったパフェです。色鮮やかでしっかり映える人気パフェ。

「苺と抹茶と小豆のティラミス風パフェ」(1,000円)和と洋の融合パフェ

カフェ中野屋の苺と抹茶と小豆のティラミス風パフェの写真

「苺と抹茶と小豆のティラミス風パフェ」(1,000円)。苺が入手できた場合のみ販売しているパフェです。苺・メレンゲクッキー・クリーム・アイス・チョコチップなどが入っていました。和と洋を融合した逸品です。

「和菓子三種盛り」(600円)季節の和菓子が楽しめる

カフェ中野屋の和菓子三種盛りの写真

「和菓子三種盛り」(600円)。季節の和菓子を楽しめるメニューです。春は、桜餅・かりんとう饅頭・豆大福の三種類。かりんとう饅頭は、揚げたてアツアツで提供してもらえるので、生地がカリカリで美味♪

「お抹茶セット」(250円)抹茶の苦みと甘いスイーツがたまらない!

カフェ中野屋のお抹茶の写真

お好みの甘味orスイーツにセットで付けられる「お抹茶セット」(+250円)。塩昆布も付いてきます。甘~いスイーツとちょっぴり苦い抹茶は、間違いない組み合わせ。値段もリーズナブルなので、スイーツのお供にピッタリです。

2019年10月25日にオープンした「茶房 中野屋」。多くの人に愛されていたカフェなだけあって、期待度が高まりますが、残念ながらパフェはメニューは全てなくなっていました。丁寧な接客とレトロ純喫茶のような落ち着く空間は顕在です!「シンプルイズベスト」本物にこだわる路線変更で、客層の変化は否めないのかなと思いますが、カフェとはまた違った、ゆったりとした時間を過ごすのにはぴったりのお店だと思います。

Machida Clip ロゴ