闘牛門の希少部位「クリミ」の写真

闘牛門 町田本店 和牛専門店の焼肉ランチ!希少部位をお好みの塩と一緒にいただく

和牛専門店だからこその豊富な品揃えが魅力 焼肉ランチでA5ランクの和牛を堪能

JR町田駅ターミナル口から徒歩5分 一頭買いの和牛専門店

闘牛門の外観の写真

「闘牛門」は、食肉卸業者直営で、和牛一頭を丸ごと買い付けるため、リーズナブルでおいしい焼肉が食べられると評判です。厳選された黒毛和牛と、ほかでは、なかなかお目にかかれないA4、A5ランクの希少部位も豊富に取りそろえられています。

掘りごたつでゆったりと

闘牛門の店内の写真

店内は、落ちついたシックなイメージで、テーブル席と座敷の2種類。座敷は掘りごたつで、足も伸ばせるので、ゆったりと焼肉を楽しめます。

ランチは500円から 焼肉はもちろんビビンバや豚キムチもいただける!

闘牛門の黒板ランチメニューの写真

本日のランチは「豚キムチ」(700円)でした。和牛を心ゆくまで堪能できる焼肉定食のほか、「鶏丼」(500円)や「豚カルビ定食」(600円)、「ビビンバ」(700円)などのメニューもあります。ほかにも単品メニューが充実。「カルビ」(620円)や「タン塩」(750円)などお好みで追加して楽しめます。

日替わりで希少部位が楽しめる 15種類の塩でお肉本来の味を堪能♪

日替わりの希少部位を楽しめる

闘牛門の焼肉の写真

「希少部位付き焼肉定食」(1,500円)を注文。希少部位とカルビ、ハラミ、焼き野菜付きです。卓上には、岩塩と醤油、自家製タレが置いてあります。

さっぱりと脂肪少なめの希少部位「クリミ」

闘牛門の希少部位「クリミ」の写真

本日の希少部位は「クリミ」でした。牛の肩から前脚上部で、筋肉が発達しており、脂肪が少なめ。独特の舌触りとうま味が強いのが特徴で、さっぱりとした味が好みの方に人気があります。赤身が好きな方にはオススメの部位です。

レアで、表面をサッと炙るくらいがおいしい食べ方。片側を少し炙ると肉汁があふれ出してきました。食感は、やや固めで歯ごたえがあり、上品な甘さで、塩やわさび醤油とよく合います。

15種類のこだわりの塩

闘牛門の塩の写真

月替わりで世界各地の塩や、変わり種を3つまで選べます。おいしいお肉ほどシンプルに塩でいただくと絶品。塩選びも、どんな味わいになるんだろうと、ワクワクします。

シャトーブリアンなど超希少部位 本日の売りが書かれた黒板メニューは必見

闘牛門の黒板メニューの写真

肉の格付だけでなく個体識別番号も記載されています。一頭一頭の個体情報や肥育農家情報など、導入から出荷までをデータ管理している番号で、生産者が手塩にかけて育てた牛ということがよくわかります。初めて目にする部位もあり、「お肉の種類って、こんなにたくさんあるんだ!」と、黒板を見ているだけで楽しめました。

闘牛門の店内メニューの写真

壁に貼られた部位のイラストを見ると、「よく聞くサーロインステーキってこの部分のお肉だったのか」など、お肉の知識も増やせます。一頭からわずかしか取れないフィレの真ん中にある「シャトーブリアン」。お値段は高めですが食べて見たいですね。

サプライズもお任せ!カルビの肉ケーキでお祝い♪夏はビアガーデンも

肉好き女子なら肉ケーキでサプライズ!

お祝いサービスもあります。通常のケーキ以外にも、肉ケーキのお祝いプレートも!カルビの肉ケーキは1,000円からお願いできるそうです。(要予約)

夏はビアガーデンでバーベキューも

夏には、手ぶらでバーベキューが楽しめるビアガーデンをプロデュース。JR町田駅南口から徒歩3分のホテルラポール千寿閣に隣接するボーリングセンター2階で楽しめます。開放的にビールを飲みたい気分の時には、ぜひチェックしてみてください。(夏季限定)

駐車場が2時間無料!

場所は、JR町田駅のターミナル口から、芹が谷公園方面に進んだ場所にあります。ランチの営業時間は11:30〜13:30。すぐ隣に「タイムズ」があり、4,000円以上利用の場合、駐車料金が2時間無料です。駅からは少し歩くので、駐車場が隣にあるのは便利です。

希少部位もリーズナブルに楽しめる「闘牛門」。お昼の食べ飲み放題も魅力のひとつ。ランチの予約ができるため、ママ会の予約も多いそうです。無煙ロースターを採用しているので衣服に匂いがつきにくく、お子様連れでも安心です。ご家族やお友達と、ちょっと贅沢に焼肉ランチを食べに出かけてみませんか。

Machida Clip ロゴ