40番のラーメンの写真

町田「40番」パパパパパインの醤油ラーメン専門店が町田駅近くにオープン

「パパパパパイン」「81番」に続く、3号店目は醤油ラーメン専門店

40番の外観の写真

町田ターミナルプラザ2階にあるパイナップルラーメンの「パパパパパイン」や、仲見世商店街にある塩ラーメン専門店「81番」に続く、同店舗の3番目のお店は、醤油ラーメン専門店。店名の由来は「NO SHIO(塩ラーメンではない)」から「No.40」、「40番」と命名された。

40番の外観の写真

かつて営業していた「麺処はるたん」の跡地、Jリーグの試合会場でも人気の「YASSカレー」の隣に2019年4月25日にオープンしました。オープン時にはオーナーが以前修行していた「渡なべ」などから、お花が届けられていました。

40番の店内の写真

入口を入ると左側に券売機、右側にテーブル席、奥に厨房とカウンター席があり、ゆったり広めの店内なのでベビーカーのお客さんも楽に入ることが出来ます。

3種類(和・洋・旧)の醤油ラーメン

40番の券売機の写真

鶏肉の出汁と魚介・丸大豆醤油の「醤油ラーメン和」(800円)、野菜出汁とドライトマトと鶏の出汁を使った洋風スープの「醤油ラーメン洋」(780円)、無化調で鶏・魚介・野菜を使い、懐かしい味に仕上げた「醤油ラーメン旧」(780円)の3種類があります。 

それぞれの特製は味付玉子、チャーシュー、メンマのトッピングが増量されてます。

40番のラーメンの写真

お店イチオシは和。一般的には鶏ガラを使用しますが、ここは鶏の肉から旨味を抽出し、数種類の魚介と重ね、地元町田に本社がある岡直三郎商店の丸大豆醤油で仕上げた和風醤油ラーメン。醤油のビター感と出汁の旨味が調和したスープに、ストレート細麺とがよく絡みます。

チャーシューはスチームコンベクションオーブンで焼き上げた自家製チャーシューで、旨味が凝縮されていてジューシーです。

40番の調味料の写真

卓上にはブラックペッパーと、丸い容器に入ったフライドガーリックがあり、ラーメンに少し足すとスープにアクセントが付けられ、さらに美味しいです。

ラーメンDATA 40番
看板メニュー 味玉ラーメン和 (醬油)
スープ
  • 特徴丸大豆醤油が前面ででた和風醤油
  • だし鶏の肉から出汁を取り、魚介の旨味と丸大豆醤油で仕上げ
  • 製麺三河屋製麺所
  • 太さ細麺
  • 形状ストレート麺
  • 具材チャーシュー / のり / メンマ / 味玉 / 水菜
  • 追加トッピング味付玉子 / チャーシュー / メンマ / のり
好み
  • 卓上調味料黒コショウ / フライドガーリック
その他
  • サイドメニュー焼きえのき飯 / チャーシューごはん / スープ炊きごはん
  • 他のオススメ醤油ラーメン洋
  • 店主の出身店高田馬場「渡なべ」
  • 食券の買い方着席の前
Machida Clip ロゴ